自分に合った脱毛方法の選び方

まずは、脱毛の方法にはどんなものがあるのか?

ここから、ざっくり把握しましょう。

脱毛ジャンルは大きく2つ

  • 医療脱毛(レーザー脱毛)
  • 美容脱毛(光脱毛)

脱毛を一番大きく分けるとこの2つに分かれます。

医療脱毛

医療脱毛は大きく以下の2つに分かれます。

  1. レーザーによる破壊
  2. ニードル(電気針)による破壊

レーザー脱毛

  • 医療脱毛(レーザー脱毛)
    ┗脱毛クリニック
  • 美容脱毛(光脱毛)
    ┗脱毛サロン
    ┗家庭用脱毛器

脱毛サービスは大きく3つ

私たちが脱毛する際の選択肢は、

この3つ。

一般的な費用と期間は↓

脱毛完了までの回数と費用

サロン、クリニックの注意点:脱毛完了まで何回で終わるかは個人差があり、追加費用が発生することがあります。

これ↑なぜ、家庭用脱毛器が一番早く終わるのか??↓↓

3つのサービスの主な違い

主に2つの違いがあります。

①自分で施術するか?他人にしてもらうか?

  • 医療脱毛
    →他人にしてもらう
  • サロン脱毛
    →他人にしてもらう
  • 家庭用脱毛器
    →自分でする

例1)

背中を脱毛したい人は、手が届かないのでクリニックかサロン脱毛になります。

当然、自分ですると安く、他人にしてもらうと高いです。

例2)

ワキ脱毛したい人は、キャンペーンやお試しだけで完了することが多いです。

ワキは効果が早い。

例3)

VIO脱毛は、恥ずかしさなどもあり家庭用脱毛器を選ぶ人が増えています。

その他の部位

選ぶヒントは、

  • ヒゲ
    回数を要します。脱毛器だと安上がりですが、面倒くさがり屋さんはムダな買い物になるかもしれません。
  • デザイン脱毛
    ニードル脱毛(電気針脱毛)ならヒゲやまゆ毛の形を整えられます。
  • 白髪
    白髪はニードル脱毛(電気針)でしか脱毛できません。
  • その他:女性の顔の産毛、ウデ、胸毛、太もも、足、手足の指、etc
    予算と自分でできるか、できないかで決めましょう。

②予約や時間が取れない??

休日、サロンやクリニック行こうとは仕事が休みに日に行くことが多い

予約が取れない、予定が合わない

などがある一方、家庭用脱毛器は、

いつでもできる
休日はもちろん、お風呂上りにもできるのがメリット。
結果、家庭用脱毛器が一番早く脱毛完了します。

また、昨今。

大手脱毛サロンの倒産が相次ぎ、気軽に自分のペースでできる家庭用脱毛器を選ぶ人が増加傾向です。

脱毛サービスのまとめ

特徴をまとめると、

医療脱毛 サロン脱毛 家庭用脱毛器
専門家 専門家 自分
予約制 予約制 家でいつでも
高い 高い 安い
レーザー脱毛 光脱毛 光脱毛
1年~ 1年~ 1年~
  • 安心感で選ぶ
    専門家による施術の医療脱毛、サロン脱毛
  • コスパで選ぶ
    家庭用脱毛器

クリニック、サロンでも肌トラブルはあります。

個人的には、痛みは自分にしかわかりませんでの、強さなど調整できる家庭用脱毛器をおすすめしてます。

でも、医療脱毛以外で

永久脱毛できるの?

と思った方は、以下をご覧ください。

参考:脱毛サロンとのコスパ比較
全身脱毛コースの回数と総額
ケノン 1216回分※1/ 69,800円
湘南美容外科 6回 / 26万7000円
脱毛ラボ 6回 / 175,978円
ミュゼプラチナム 6回 / 220,800円
ストラッシュ 6回 / 105,336円
銀座カラー 6回 / 93,000円
シースリー 6回 / 170,909円
エピレ 6回 / 176,100円
キレイモ 最大8回 / 188,909円
TBC 6回 / 176,100円
ササラ 6回 / 105,600円
※1 プレミアムカートリッジをレベル10で使用時

コンテンツの誤りを報告する

タイトルとURLをコピーしました